「ブロークバック・マウンテン」-カウボーイの切ない恋

同性愛

はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった。

アカデミー賞8部門ノミネート・3部門受賞をはじめ、
数々の賞を受賞しているゲイ映画。

60年代のカウボーイ2人の友情が恋愛に変わるさまを丁寧に描かれた名作です。

スポンサーリンク

あらすじ

1963年、ブロークバック・マウンテンの季節労働者として雇われたイニスジャック

仕事を通じて友情を深めていく2人だったが、ある晩、一線を越える。

労働期間が終わり、2人は互いが気になりながらもそれぞれ女性と結婚。

しかし数年後に再会すると、再び関係を持つようになりーー。

概要

ブロークバックマウンテンの大自然に囲まれて働く二人が、少しずつ友情を深めて恋愛に変わってゆく姿は、王道のBLを見ているような気持ちになりました。

羊の群れがかわいい。

主役二人の演技も素晴らしいです。

ちなみにイニス役のヒース・レジャーは、ダークナイトでジョーカーを演じていた俳優です。

その後亡くなられていますので、この作品は貴重な出演作のうちのひとつです。

また、この作品は音楽もよいのですが、アカデミー賞オリジナル音楽賞を受賞しているそうです。

見どころ

積極的で自由なジャックと、消極的で寡黙なイニス

対照的な二人が、友情を越えて惹かれていく姿が描かれています。

個人的によかったのは、関係に消極的で、ジャックに流されていただけのようにも見えたイニスが、実は心の中で情熱を持っていることが分かるシーンです。

最初に別れたときも、心残りがありそうなジャックに対して、イニスはつれなく別れたくせに、後でこっそりと泣いたり、再会することになるとこっそりと浮かれていたり

結局先に離婚してしてしまうのも彼で、そういう不器用なところが萌えどころです。

ジャックの方が自分の気持ちに素直で、天真爛漫なタイプ。

ちなみに、あらすじにもある通り2人とも再会時には既に結婚してるのでその後の関係は要は不倫なのですが、
当時はまだまだゲイ差別の強い時代だったので、今と同じように考えるのは難しい。

同性愛者差別についても描写されていて、それゆえに苦悩するシーンなんかも見どころです。

ラストがまた泣かせてくれます。

変にドラマチックすぎず、さり気ないようすで二人の関係を表すような切ないラストシーンでした。

まとめ

美しい映像や音楽の中でていねいに描かれる、男二人のラブロマンス。

再会時にそれぞれ結婚している、という設定が苦手な方もいると思いますが、その辺が大丈夫な方は、萌え映画の入門としてもおすすめしたい一作です。

動画配信サービスまとめ

この作品が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

見放題プラン:◎ レンタル:〇 配信なし:×

Amazonプライム・ビデオ ◎
Hulu ×
U-NEXT ◎
dTV ×
TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS ◎
Netflix ×
FODプレミアム ×

Amazonプライム会員↓は無料で視聴できます。

※本作品の配信情報は 2019/11/19時のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各ホームページ、アプリをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました