『MW』(手塚治虫)–手塚治虫のBLサスペンス

手塚治虫渾身のBL漫画…もといピカレスク漫画です。
ただのサスペンス漫画と呼ぶには男二人があれこれしているシーンが多すぎる。

スポンサーリンク

あらすじ

ある島で、駐留軍の化学兵器「MW(ムウ)」が漏れて、島民が全滅する事故があった。
たまたま生き残った賀来結城
不良だった賀来は神父になり、少年だった結城はトラウマと後遺症で、凶悪な犯罪者となった。
結城はMW事件の当事者への復讐のため、次々と犯罪を重ねていく。

悪人の復讐劇

手塚が「従来のイメージを覆して」描いた(※本人談)ピカレスク(悪漢)が主人公の物語です。
天才的な結城が復讐のために何人も(罪もない人も含めて)殺していきます。
間違いなく子どもの教育にはよくないです。
しかしそこはさすが漫画の神様、ピカレスクもの、サスペンスものとして読んでも普通に面白いです。
ガス兵器の問題についても描かれているし、怒涛の展開に最後までハラハラしました。

萌えどころ

冒頭にも書いたんですけど、この漫画男同士のそういうシーンが多すぎる。
手塚治虫は少年漫画、青年漫画、少女漫画など、さまざまなジャンルの漫画を描いた漫画の神様として知られますが、よもやBL漫画まで描いてらっしゃるとは思いませんでしたありがとうございます!と言いたくなるくらい、すごく…男同士の恋愛物語です…。

襲い受け系美形・結城と、堅物神父・賀来
ちなみに結城は歌舞伎女形の家系で、女装もします。
眼鏡もかけます。(※重要)

ガス漏れ事件をきっかけに、神父として真面目に生きることにした賀来に対して、犯罪を犯すたびに賀来の教会で告白する結城。
わざわざ犯罪を告白して、ときには賀来に手助けを求めることもあります。
どちらかというと、本当に助けが欲しいというよりも、同じ境遇の賀来と、復讐を共有したいのかもしれません。

賀来も、なんだかんだ言っても結城を拒めない。
そもそも二人の関係が始まったきっかけは賀来にもあるので、そこに責任を感じて、どうしても結城に甘くなってしまう。
結城がなにか犯罪を犯すたびに、賀来は何度も怒り、やめさせようとするのですが、
賀来が怒る→のらりくらりと交わしながら結城が賀来を押し倒す→抵抗する賀来→(中略)→次のページで二人とも服着てない
という流れを作中で何度見たことか。
正直、神父の説得力がありません。
ふたりが揉めるシーンはもはや、前振りみたいなものでした。
そういうカップル、よくいるよね。

まとめ

とにかく良質すぎる「サスペンス」「BL」のダブルパンチ
ガス漏れ事故、事故の隠蔽、後遺症…などといった真面目な題材を、
男同士の愛憎劇で味付けしたクライム・サスペンス。
そんなに長くもないので、手塚治虫ってアトムとブラックジャックくらいしか知らない、という人にもぜひ読んでもらいたいです。
手塚治虫はとにかく作品のジャンル幅が広く、あまり知られていない作品でも名作が多すぎる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました