セーラームーンレストランに行ってきたレポート

レポート

セーラームーンレストラン、

美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO-

に行ってきました。

2019年8月に麻布十番にオープンした世界初セーラームーンのショーレストランです。

スポンサーリンク

セーラームーンの簡単な概要

まずは「セーラームーン」について軽く説明。

アニメは1990年代を代表する、女児向けアニメの原点とも言える作品です。

原作は少女漫画で、作者は武内直子。

HUNTER×HUNTERなどで知られる冨樫義博の妻でもあります。


SFやファンタジーなど多くの要素を盛り込んだ重厚なストーリー

セーラー服に変身する戦隊もの」という今考えても斬新すぎる設定がウケ、

アニメは世界的に大ヒットしています。

聖地・麻布十番という好立地

「麻布十番駅」5番出口直結。

エレベーターに乗れば目の前です。

麻布十番といえば、 主人公たちの暮らす街であり 「セーラームーンの聖地」なので、

着いただけで気分が上がります。


外観・内装

入り口はこんな感じ。

夜に行ったのですが、いつも引きこもってるオタクには入り口が眩しすぎてビビりました。


ここがクリスタル・トーキョーか…。(?)


中に入ると受付の横に当日のキャスト表があるので、撮っておくとのちに色々はかどります。


メニュー

フードは2月以降は変わりますので、

私が注文したドリンクはこちら。↓


チケット代には1フード・1ドリンクが含まれているのですが、

コースターとお皿をお土産でもらうことができます。

コースターはともかくまさかお皿までもらえると思わず、

小さなカバンで行ったことを後悔しました。

お皿はサイズも大きめで普通に使い勝手が良いので

食器の少ない我が家では即戦力・即採用です。

メインイベント・ショー

「体験」としてのショー

私はセーラームーンのミュージカルも見たことがあり、そちらももちろん最高なのですが、

「レストランでのショー」と「劇場で見る演劇」の最大の違いは、

「レストランでの食事」という「日常」の延長線上にキャラクターたちが登場するため、


「鑑賞」というよりも「体験」として楽しめる点です。


たとえるならディズニーランドのショーアトラクションのようなイメージで、

レストランの内装とあわせて「セーラームーンの世界を体感」できます。

(※カーテンコール以外は撮影禁止です)

ショーの内容

内容としては。セリフなしでセーラー戦士たちの日常と戦い両方を織り交ぜたショーでした。

この「日常」というのもポイントで、セーラームーンはバトルだけでなく

日常的なオシャレやガールズトークも魅力のひとつ

女児向けセックスアンドザシティのような部分がある気がするのですが(たぶん違う)、

短いショーの間にも日常シーンがあったのはうれしかったです。

普段の制服はみんなちょっとスカートが長めでかわいいんですよね…。

キャラクターの個性に合わせた戦闘演出も面白かったので、

ぜひご自分の目で確かめていただきたいところ。

カーテンコール以降は写真撮影OKパートとなるのですが、

キャストへの拍手と写真撮影で手が足りません。


私は撮るのが下手すぎてブレ写真を量産しました。


客席まで来てくれるセーラー戦士たち 。

この写真を見ていただければわかると思うのですが、

どのキャストも立ち姿から「キャラクターらしさ」にあふれていて素晴らしかったです。


あと去り際に投げキッスぶつけてくるセーラーヴィーナスはかわいすぎて心臓に悪い。



スポンサーリンク

店舗情報

※以下は2020年2月1日〜4月30日のものです。※

スケジュール

<平日>
17:00~18:40(SHOWTIME/17:50~18:30)
19:30~21:10(SHOWTIME/20:20~21:00)


<土・日・祝日>
14:30~16:10(SHOWTIME/15:20~16:00)
17:00~18:40(SHOWTIME/17:50~18:30)
19:30~21:10(SHOWTIME/20:20~21:00)

※時間は変更になる場合がございます。

料金(税込)

S席8,500円 (ショーチャージ+1フード+1ドリンク)

A席7,500円 (ショーチャージ+1フード+1ドリンク)

※追加のデザート・ドリンクも可

公式情報


公式ホームページWEB予約はこちらから

公式twitter:キャスト情報、当日券情報はこちらから

公式PV

美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO- CM映像(RENEWAL)


予習にどうぞ。

予習復習向けするなら

セーラームーンは漫画を原作にアニメ、舞台、ドラマなど派生作品が多いですが、

とっつきやすいのはテレビアニメ(1992-1997)だと思います。

ただアニメはオリジナル要素が多いので、個人的には原作もぜひ読んでほしいところ。

アニメ配信情報

テレビアニメ(1992-1997)本編が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

見放題プラン:◎ レンタル:〇 配信なし:×

Amazonプライム・ビデオR◎
Hulu×
U-NEXT無印◎
dTV×
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
FODプレミアムR,S◎
music.jp

※本作品の配信情報は記事投稿時のものです。

通して見放題配信してるサービスがないのが残念。

1作品だけ見るなら…「 劇場版美少女戦士セーラームーンR 」

アニメシリーズ全部見るのは面倒、という方に全力で個人的におすすめしたいのは、


劇場版美少女戦士セーラームーンR

監督は「少女革命ウテナ」・「さらざんまい」などで知られる幾原邦彦

劇場版は単体作品ということもあり、のちの幾原作品に通じる名作となっています。

作品を知らない人が初見で見ても比較的分かりやすいので、

予習復習に見るのにちょうどいいと思います。



幾原作品はいいぞ。

リメイク版 「美少女戦士セーラームーンCrystal」

ちなみに2014年にはリメイクアニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」も作られています。

個人的には3期の主題歌「ニュームーンに恋して」作詞作曲やくしまるえつこが好きです。

同じ曲をやくしまるえつこ、堀江美都子、ももいろクローバーZが歌うバージョンがあり、

それぞれ雰囲気が全然変わるんですよね。

セーラームーンの曲って昔から名曲多いよね…。

スポンサーリンク

まとめ

正直、予約するときはS席8500円・A席7500円という価格設定はちょっと高いかな?と思っていたのですが、

1フード、1ドリンク込み

ショーを体験して

さらにお土産にコースターとお皿までもらえるので、大満足でした。

全体的にセーラームーン愛にあふれていて、

原作リスペクトな演出もあり「ムーンライト伝説」も流れ、原作ファンもアニメファンもどちらも楽しめると思います。

客層も女子グループはもちろん、男女ペア、男性二人組、海外からの観光客などバラエティに富んでいて、ファン層の広さを感じます。

2月からメニューが変わるということで、ぜひまた行きたいですね…。(沼のはじまり)


コメント

タイトルとURLをコピーしました